MENU

更年期の妊娠

更年期とは、女性の閉経前後に起こる症状のことを言います。
のぼせや顔のほてり、異常なまでの発汗や動悸など様々な症状が体に現れます。
個人差はありますが、だいたい40代半ばに更年期を迎える方が多いようです。
更年期に入った後の妊娠は、つまり40代に入ってからの妊娠ということになるでしょう。
一般的には35歳以上で高齢出産ということになりますので、かなりのリスクを負うことになります。
ましてや、初産ということになると、母体にもお腹の中の赤ちゃんにもリスクが伴います。
自分の周りに相談できる方がいるのか、妊娠中に助けてもらえる方がいるのか、そして、出産後にも助けてもらえる方がいるのか、ご主人とも相談してから出産するかどうか決めるようにしましょう。
さらに注意しなければならないのが、更年期に入って閉経したからと言って、妊娠の可能性がゼロになったわけでは無いと言うことです。
閉経後の1年以内は妊娠する可能性があると聞きます。
妊娠を望んでいないのならば、きちんと避妊する必要があるのです。
いつまで避妊しなければならないのかは、個人差があるのではっきりとは言えませんが、一般的に閉経すると言われている50歳前後から1年以上は避妊を心がけましょう。
中には、更年期の症状を全く感じない方もいます。
そのような方も妊娠を望まないなら避妊をするように気をつけてください。
更年期に入ってから妊娠を望むようでしたら、産婦人科の先生に相談してみるといいかもしれませんね。

関連ページ

更年期と生理
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。
更年期と不正出血
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。
更年期と閉経
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。
更年期障害と女性ホルモン機能
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。