更年期障害が辛いあなたに

MENU

更年期と女性の健康記事一覧

 

更年期とは、女性の閉経前後に起こる症状のことを言います。のぼせや顔のほてり、異常なまでの発汗や動悸など様々な症状が体に現れます。個人差はありますが、だいたい40代半ばに更年期を迎える方が多いようです。更年期に入った後の妊娠は、つまり40代に入ってからの妊娠ということになるでしょう。一般的には35歳以上で高齢出産ということになりますので、かなりのリスクを負うことになります。ましてや、初産ということに...

 
 

更年期を迎えると、生理が不順になったり、止まったりします。毎月の生理の月経量や日数が徐々に減って、生理が止まる人もいれば、一回でぴたりと生理が止まってしまう人もいて、非常に個人差があるのです。それまできちんと周期通りにきていた生理が遅れがちになることも珍しくありません。更年期に生理が止まらないのを放置して、実は、子宮筋腫や子宮頸部ガンだったということもありますから、更年期だからと自己診断するのは危...

 
 

更年期には、ほとんどの女性に不正出血がみられます。更年期の不正出血は、ホルモンバランスの乱れが原因の場合が多いので、不正出血したからといって、それほど心配する必要はないでしょう。ただし、あまりにも頻繁に不正出血が続くようなら産婦人科を受診してください。更年期の不正出血は、時に深刻な病気のサインである場合も多いからです。更年期の不正出血だからと異常を見逃して、癌が手遅れになってしまうケースも少なくあ...

 
 

「閉経」とは、卵巣の機能が衰えてきて月経が終わることです。ほとんどの女性は50歳くらいで閉経を迎えます。その10年くらい前から更年期に入ると言われています。つまり40代に入った頃から、更年期による体の不調を感じる人が多くなってくるのです。更年期に入ってからの月経は不順になってきます。周期が短くなったり長くなったり、月経の期間が短くなったり、量が多くなったり、月経が重くなったりと色々と変化が起こるで...

 
 

更年期という言葉は女性の卵巣機能が低下し始める時期として40〜55歳までを指しています。更年期障害も当然この時期に起きるとされています。更年期障害における全ての始まりは閉経です。閉経に伴って卵巣の機能が停止し、女性ホルモンの分泌が減少しますので、その時点から少しずつ体に影響があらわれ始めます。別の項でお話した、いわゆる更年期症状は最も早くおとずれます。具体的には閉経後の数年間以内と言われています。...