MENU

更年期の漢方薬

更年期障害の症状がつらいなら、漢方薬を試してみるといいかもしれません。
人によってそれぞれ違う症状が出る更年期障害は、時に日常生活を送ることさえ困難にします。
憂鬱でやる気が出なかったり、怒りっぽくなったりして、家族との関係が悪くなってしまうこともあるでしょう。
自覚するほどの症状があるのなら、我慢しないで漢方医に相談してみてください。
漢方薬には更年期障害の症状に有効な薬がたくさんあります。
更年期障害によく使われる漢方薬の処方として代表的なのは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。
当帰芍薬散は、冷え性で脈が弱く、むくみや貧血、頭痛や耳鳴りなどが起こりやすい人に適した処方だといわれています。
加味逍遙散は不眠や多愁訴、精神不安定、月経不順などに効果があり、桂枝茯苓丸は肩こり、のぼせ、腰痛、手足の冷え、月経痛などに効果的でしょう。
これらの漢方薬は薬局でも手軽に買うことができますが、どの処方が自分に最も合っているかは自己判断が難しく、場合によっては体質に合わないこともあります。
面倒でも漢方医の診断を受けた方がより安全で効果的な処方をしてもらえるでしょう。
不快な症状に合わせた漢方薬を処方してもらえば、更年期障害の症状を我慢しながら日常生活を送ることもありません。
ただ、漢方薬は比較的効果が緩やかなものが多いので、緊急性が高い場合には西洋薬と併用することも必要です。

関連ページ

東洋医学による更年期障害の解釈とは?
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。
東洋医学で更年期障害を治療する?
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。
漢方による更年期障害の治療法って?
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。