MENU

病院の更年期障害の治療法って?

更年期障害の際、病院で行われる治療の中で一般的なのは、ホルモン補充療法です。
ホルモンの分泌が少なくなって、バランスを崩すことにより、更年期障害が起こるので、そのホルモンを人工的に外部から補充していくという治療方法です。
減少してしまったエストロゲンを外部からどのように補充するのかというと、それは薬の服用です。
この薬の服用で自律神経のバランスを整えることができるだけではなく、更年期障害でよくみられる体の火照りや冷え、動悸などの改善にも効果的です。
しかし、人工的に女性ホルモンを補充するため、副作用も心配されています。
現在、発表されている副作用の一つは、発がん率が高くなるということです。
HRT(ホルモン補充療法)を行っている女性は、卵巣ガン、乳ガン、子宮内膜ガンの発ガン率が、行っていない女性に比べて63%も高いという研究結果が出ています。
さらに、尿失禁を起こす可能性も高いという報告があるようです。
試験を行った結果によると、HRTを行っている女性の約4割強の人に尿失禁がみられたそうです。
HRTはその効果だけでなく、副作用などのリスクも考慮した方がいいかもしれません。
ホルモン補充療法の他に、漢方療法もあります。
漢方療法のメリットとしては、一つの薬で更年期障害でみられる様々な症状に対応できることです。
ただ、この療法は即効性を期待することができません。
ゆっくり時間をかけて治療していくことになるでしょう。
その他に病院で行われる治療法としては、カウンセリングがあります。
生活改善方法や精神的にリラックスできる方法などのアドバイスをしたり、不安などを取り除いていくような心のケアも行っていきます。

関連ページ

更年期障害のHRT治療法って何?
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。
更年期障害のHRT治療ってどんなことするの?
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。
更年期障害をホルモン補充療法で治療する?
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。