MENU

更年期、婦人科に受診

更年期障害かなと思ったら、我慢しないで早めに婦人科を受診しましょう。
最近では、更年期障害専門の外来もあります。
通院できる距離にあれば、更年期障害の専門医がいる更年期障害専門の外来の方がいいですね。
女性の医師が診てくれる女性専門外来もあるので、男性医師に内診されるのに抵抗があるという人は、「Dr.治子の女医ネット」などの検索サイトで探してみてください。
婦人科を受診する時には、脱ぎ着のしやすい服装(タイツやガードルなどは時間がかかるので避ける)をして、顔色がわかるようにナチュラルメイクで、受診の前日の性交は控えます。
汚れていると恥ずかしいからといって、受診する前に膣の中を洗ってしまうとおりものの検査などができなくなるので注意してください。
基礎体温表や月経周期を書いたものがあれば持って行くといいでしょう。
健康保険証は必須ですが、検査で出血することもあるため、生理用ナプキンを用意しておくと安心だと思います。
婦人科によっては、予約が必要なこともありますから、受診の前にHPを確認するか、電話で問い合わせておきます。
若年性更年期障害かもしれないという場合は、一般的な健康診断に乳がんと子宮がんを含む検査を行うレディースドックを受けてみるのもオススメです。
できれば、卵巣腫瘍マーカー検査や更年期障害チェックテスト、メンタルへルスチェックテストなども行ってくれるレディースドックを受けるとよいでしょう。
男性の更年期障害は、男性更年期障害専門外来、もしくは、男性外来に行くか、通院できる範囲内になければ、症状に合わせて該当する病院を受診します。

関連ページ

更年期のかかりつけ医師の重要性とは?
更年期障害ってどういうもの?そう聞かれて詳しく説明できる人はなかなかいないのではないでしょう。自分はならないだろうと思っている人も要注意です!いつ更年期障害になるかはだれも予想できないからこそ、知っておく必要があるのです。